FC2ブログ

妄想少女6 だって私は二次専だから


 
6巻目 とうとう完結してしまいました。もうちょっとやってもよかったかなと
思いますが コメディなので いくらでも作れますが、マンネリ化の
可能性もありましたし潔く締めましたが、個人的にもうちょっと見たかった。
というか5巻の番外を 今回の完結の後に 完結その後を
書きおろしてだして欲しかった。

今回は4巻からの続きですね。4巻ラストでの衝撃展開の紗衣が留学してしまうと
いう事実から彼女が家出をして2次元世界に引きこもったのを連れ戻すというのだが、
しょっぱなから 月代が暴走したりノリノリで展開してくれてます。最終巻らしい
あばれっぷりです!
それとは別に、いままで部外者だった二次元興味なしの佐和が
参戦した今回は、いい役回りを演じました。
二次元に興味がないからこそ
言える言葉ですが、だからこそ他の光宏達 二次元好きには
言えない言葉を はっきりと紗衣に伝えることが出来たと思います。
彼女が言わなければ ラストの結果が変わっていたかもしれませんね。




ラストに関しては ある意味大団円ですが、4巻で作者があとがきで書いてあること、
それを踏まえたうえでのさっぱりした締め方をしてくれてます。

総合的に物語の感想としては 面白かったですが
あえて言うなら
2巻までは 定番の光宏が召喚 月代襲ってくる
紗衣が怒り 二人倒して終りという2巻の最後まで物語りは進みませんので
ここまでは普通にキャラの掛け合いは楽しめました。
3巻のコミケ決戦は もう1巻使っていいから深くやってほしかった。
3巻で準備 4巻で開幕 決戦とかがよかったかな。
3巻でミラージュネル結成とか謎がわかりますが、月代が別れた時の
彼女のサイドの描写がもう少し欲しかった。
決戦時に想いを吐露しますが ここをもうちょっと深くやっても
よかったんじゃないかな。

4,5巻の最終章は、ちょっと幕が上がるの早いかな。
もうちょうと光宏と紗衣の関係をコミケ以降のやつを少し書いて
その後にいれてもよかったかなと。
3巻のラスト 肖像画具現化が唐突すぎて、3巻のあれはオチで終わった感じで、
4巻に続く?とは考えにくい締めでしたし。

佐和というキャラも 結局は光宏が好きなのかなと思いましたが
そういう直接的な描写はなかったですね。
最終巻で光宏に好きと言って それでも紗衣の元に兄を
送る役になるために、あの世界に送り込まれたのかなと
思いましたが、そうはならないでしたが、
上記にも書きましたが、いい役割を演じました。
ある意味 彼女は一般人代表でしょうね。



この作品は 物語としては 評価が低いとか言われてますが
多分 それは読み手の人だからではないかと思います。
作り手サイド(書き手)の人には 1巻から それぞれの萌えというものに
関して あれこれ紗衣が持論を述べますが、
多分 読み手サイドでしかない人には屁理屈としかとれないと思います。
ただ作り手サイド(例:同人作家・イラストレーターなど)になれば 
意外に深いです。1巻でのツンデレという内面を
イラストとしての表現方法とか
スク水萌えとかメガネっ娘に関する持論とか 光宏は理解できないという
シーンが多いですが 多分それが読者の読み手サイドの大半でしょう。
しかし読者でも作り手サイドとなると別で その持論は興味深いものです。
読者で作り手サイドの人で物語はつまらないという人もいるかもしれませんが
それとは別に紗衣の持論を屁理屈だととってしまえるなら
作り手やめなと思います。表現方法の探究や考えは
イラストや漫画などでも描く上で紗衣の持論は作品の表現の材料の一つになります。

二巻での二次創作を否定しないという考え・・・・・
これも共感できます。二次創作を描いていい免罪符という言い訳ではないですが
この考えは否定することは個人的にはできません。
したらいけないと思います。

とりあえず 万人受けというより読み手には理解できないことが多く
作り手には伝わる作品だと思います。
個人的に オススメですね。やっぱり終わってしまい残念です。


妄想少女6S
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

tag : 妄想少女 ちこたむ 妄想少女6

妄想少女5 エッチな目はダメ、お兄ちゃん



今回は短編集です。前回の続きでないのは残念です。
時間軸は夏休みの前 2巻の中盤あたりですね。
本編とちがい 紗衣と光宏が一緒にいることが多く月代の出番が少ないと
本編とはちがった独特の物語ですね。

ただ次巻で完結らしいです(残念) ただそれが 萌えの観念に対してネタ切れな
感じもしなくもないです。紗衣の生徒会長萌えに対して明確な答えも出てませんでしたし。


妄想少女5S

tag : 妄想少女 ちこたむ

ドラマCD 妄想少女



妄想少女ドラマCD化です。内容は原作1巻の前半とユキが作られるあたりからオリジナル突入する
話ですが、まず メインの二人の声が合わなさすぎる

主人公の光宏の声は下野紘 efで同名の紘の役をやられた方ですが、
この人は 声が男っぽく むしろツッコミ常識人なイメージが強いので
こういうショタ系なので もうちょっと可愛い声か女性の声優を
持ってきてもよかったかも。

そしてヒロインの紗衣は 日笠陽子 けいおん!で澪の声をやったりしてる
方ですが、むしろ 絶対 生徒会役員共の方のイメージで選んだんだろうな。
アレでも日笠さん 下ネタ連発してるが、 この人の声は澪のように
少しカッコいい系とか大人風なので 紗衣の声としては
合わなさ過ぎる。この声で
「萌えっ娘に はぁはぁしてはいけないの?」といわれても
ちょっと イメージと違いすぎる。
むしろ ハルヒ的イメージで平野綾 AB! ゆりのイメージで風音
ハヤテのごとくのヒナギクのイメージで 伊藤静とかの方が
合うかな。個人的には ヒナギクのイメージで
脳内ボイスで再生させると かなり合う!

月夜は伊藤かな恵 超電磁砲で佐天さんを演じたり 他も最近では出てきてるが
普通の会話の時には イメージとあわないが
定番の泣いて逃げるときは この声はかなり可愛い。

ペンタブのリペイントとか 音だけで残念。
声優を変えて アニメ化すればいいかなと思う。

tag : 妄想少女 ドラマCD ちこたむ

妄想少女4 もし葛本くんが萌えっ娘だったら



妄想少女シリーズ4巻目。
前回の夏コミ編 終了のラストからのそのままの続きです。
前回のラストの光宏の寝床に現れた肖像画の紗衣の登場により
光宏の妹 佐和に紗衣の趣味と二次元具現化の事がばれてしまい、
さらに光宏 佐和 共に二次元の世界に飛ばされてしまい てんやわんやの物語。
今回は紗衣はほとんど出ません。行方不明になっているからです。
なんで行方不明になったか?それは最後にわかりますが 物語は
まだ終わらず次巻に続きます。
この話は 文章が稚拙だとか単純とか言われますが
紗衣の萌えキャラに対する理論はイラストや
漫画を描く人にとっては なるほどと考えさせられる内容だと
思います。
だからこそ 読み手が絵師とかならともかく
観賞サイドだと共感しにくい部分があるのだろうな。
妄想少女S

tag : 妄想少女 妄想少女4 ちこたむ

妄想少女3 決戦は夏コミ最終日!



待ちに待った3巻発売です。今回は ヒロイン同士の対決 前巻2巻のラストで
同人誌を出す決意をした紗衣と光宏と月代の夏コミ対決。
いままで 謎の存在だった月代と一緒にいた コイカワさんも参戦して
一冊丸々長編となってます。
ただ今回の話は 同人というもの対しての お互いの考え方とかの対決でもあるので
現実で同人活動してる人や または同人でなくても 作り手サイドにいる人には
面白い話かもしれませんが、観賞サイド(普通のお客さん)の人には
つまらないかもしれません。

今回の見所は紗衣と月代がなんで離れていったのか分かりますし、
今までと違い 秘められた想いを暴露してぶつけてくる月代がいいです。
とりあえず一段落で次巻からは新展開ですが、それぞれの関係も
少しずつ変わりどうなるのか楽しみです。
他さりげない伏線かもしれませんが光宏の妹の佐和が会場に来ますが
紗衣が買いものに出ていたため会いませんので光宏と彼女の
関係を知りません。2巻で彼女が家に来たとき佐和は驚いてましたが
それだけは、いつものように学校で言いふらしたりしませんでしたし、
彼女も兄である光宏に対して なにか好意をもってるんじゃないかな?という
雰囲気も見られますが・・。

妄想少女 2巻 ~ どうぞ私を召し上がれ~



妄想少女2巻です。
とりあえず この物語は水面下では 色々シリアスとかありそうな雰囲気だが
 1話完結の話で 基本は 主人公 光宏と ヒロイン 紗衣 それと月代の3人のギャグです。

基本スタンスは二つで 一つは 光宏が ミウミの描いたイラストを呼び出す(呼び出してしまい)
すると 絵が抜け出るわけだから 元の場所には何もなく
自分の嫁(描いたキャラ)をとられた紗衣が 怒って取り戻しにくる

二つ目は アナザーミウミと名乗っている月代が ミウミのキャラを使い
Hなことをしようとして それに光宏も巻き込まれ そこに駆けつけた
紗衣とバトルになってしまう

まぁこれが基本パターンですね。

けど この巻のラストで 紗衣が言った言葉は 名言です。

月代がまた ミウミのキャラを使い Hなことをしていて
それを止めようとする光宏だが 途中からこれが狂言であり
そのHな悪戯を受けているかキャラは 月代が具現化させた
ミウミのキャラの二次創作だったということ。
月代は自分が 作ったキャラだがらなにしてもいいといい
それに怒る光宏
そして 現れた紗衣も 怒るかと思っていたが
二次創作だからといい 全面的に否定はしなかった

月代が去ったあと 光宏は紗衣は二次創作についての思いを語る
二次といえば同人を連想する人も多いのだろうが、
また別の方面での二次創作というものを教えてくれた


人は子供だった頃 好きな絵を描いたこともあるだろう
その中には 好きな漫画やアニメのキャラもいて 自分の中で
物語をつくり 遊んだこともあるだろう
そして そこには版権もなく ただ描くのが楽しかったという思い
それこそ自分がイラストを描いている根源であり
それを否定したら 絵を開くという楽しさを否定すると
いうことである
だから 自分は二次創作を否定しないと。

いい言葉でした。だからと言って二次全部を肯定していいかと聞かれたら違うが
また否定していいもではないと思いました。
同人 版権にうるさい 小学館・・(まぁ最近は ハヤテとか多すぎて
すでに あきらめてる感はありますが
過去 コナンの同人を描いてるサークルを訴え
さらに イベントでは公式レイヤー以外コスプレ禁止で 自分達で作った衣装での
サンデーキャラのコスプレすら禁止したとか聞いたことありますが)
とかに聞かせたあげたいですね。
前面肯定は無理でも 二次を否定したら 漫画やイラストを
描く楽しみも否定することになるんじゃないかと

妄想少女 そんなにいっぱい脱げません!?



ちこたむが挿絵原画をつとめるライトノベル

この話は 主人公 高校生の葛本光宏と その周りにいるちょっと変わった女の子達との
物語・・・・・・と言えば ありきたりだと思うが、
これは ちょっとちがう主人公である 光宏はオタクであり二次元美少女が好きである。
しかし だからといって二次元オンリーでなく ちゃんと普通の女の子(3次元)の子も
好きになる まぁ普通のオタクである

そんな彼が告白したのが 本作のメインヒロイン??で同年代である北原紗衣
しかし あっけなくフられてしまう
落ち込む彼は ネットで ファンである カリスマ萌えイラストレーターと
言われている歌川ミウミのサイトを見ていた
しかし その日は普段と違うことが起こった
なんと その二次元の美少女イラストが 具現化して 現れてしまったのだ
しかも 幻でも妄想でもなく現実に。しかも 普通に会話できるという
ある意味すごいことに。


さらに その事が紗衣にまで ばれてしまい困惑する光宏だったが
そんなのを覆す真実までも 知ってしまう。

色々な事が続く 光宏の前に 現れる
歌川ミウミを名乗り描いたイラストを具現化する力をもった背が小さく
光宏達とほぼ同世代の少女 月代
彼女は そのイラストのキャラでエッチな事をして楽しむのを目的としていた。
普段描いているイラストの扱いに違和感を感じる光宏に
彼女は自分の招待を 明かす 歌川ミウミは 二人で一人のPNで
自分は その片割れで 今は アナザーミウミと名乗っていると。
その名は 光宏が知る限りだと ミウミのイラストを使い
エッチなイラストを描いている こちらもカリスマイラストレーターだった。
そして 今 ミウミのキャラでまさにエッチな事が行われようとしたとこに現れたのが
北原紗衣だった。彼女は自前のペンタブレットをとりだし
戦いが始まってしまう。

ともあれ一騒動終わり 月代が逃げ帰った後 光宏が明かされたものは
驚くべきことに 歌川ミウミ=北原紗衣であり
しかも 彼女は 二次専(二次元しか興味なし)であり
自分の描いたイラストを具現化する事ができ(理由は不明)
描いたイラストといちゃいちゃすることが好きで
自分の嫁と言い切るほどの 二次専少女だった。


彼女いわく 描いたイラストに一番萌えた人の下に
そに人の そのイラストで想像した性格で
具現化して出てきてしまうのだという。
それで なんで製作者である自分でなく
光宏の下にくるのか?こんなことは今までない事態らしい
こうして 彼と彼女達の微妙な関係??は始まったのである


とまあ この3人を主体に置かれてる物語だが まぁとりあえず
シリアスでもないので 普通にギャグとして楽しめるかと。

ただ面白いのが 二次専である紗衣の萌え理論である。
メイド萌え ツンデレ萌え ウェイトレス萌え 他etc こうだ!という
理論・・・ある意味 なるほどと思える理論である。

ある意味オタクの夢?である物語ですね。

フリーエリア

クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ! 600x150tohka.jpg 【クロノクロック】応援バナー シストリ抱き枕注文受付中! 「ALIA's CARNIVAL! フラワリングスカイ」情報ページ公開中! 【ハピメア】応援バナー 『ピュアガール』2012.9.28発売予定 借金姉妹2応援バナー 2012.6.29発売のLime vert新作『かのいな』を応援しています! 【未来ノスタルジア】応援バナー

FC2カウンター
プロフィール

A-S エース

Author:A-S エース
Twitter
http://twitter.com/AI_NS


現在の閲覧者数:


とらのあなで委託販売してます
いくつかは委託販売しております。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/33/41/040030334186.html
同人をDL販売しています。
下記のイラストをクリックしてください

盟約の代価4盟約の代価~番外編~
ANOTHER BAD狂想曲7
不運少女~アンラッキーガール~

盟約の代価3

確定BADEND

盟約の代価2

盟約の代価

絶望歌

百合姉妹だいあり~2

百合姉妹だいあり~

狂想曲6











































作品は随時追加予定です。

★『LAMUNATION!』
★『フローラル・フローラブ』
【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中!
【サクラノ詩】応援中!
『ゆきこいめると』2015.3.27発売予定恋がさくころ桜どき



Chu×Chuアイドる特設ページ公開中!


★『鬼父 Rebuild Vol.3「小生意気な萌顔ほぃほぃ」』




★『虜ノ鎖 ~処女たちを穢す淫らな楔~』

















★『喰ヒ人 ツンデレストッキング・琴音~乱れ尻ハメ乗り2穴~』














FC2 Blog Ranking




登録

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
71位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
フリーエリア

ヒロイン絶滅計画

カテゴリー
リンク