FC2ブログ

HELLO WORLD  劇場版&集英社文庫版レビュー

 

映画のこのずばを観に行った時に劇場CMで流れて興味を持ち観に行きました。
自分の存在がデータで 現実にいる十年後の自分が現実で失った恋人を救いに来るという王道的な内容です。
キャラデザは観た後にパンフで知りましたが、アニメ版のけいおんとかのキャラデザの人だったんですね。どこかで見たことあると思いました。ただ最初みて残念なのはメインヒロインになぜ俳優を使った。ちょっと棒読みすぎる。物語終盤で出てきた、あるキャラにくぎゅ~が声を当てていたがプロの声優としての実力差が歴然としていた。まさにこれぞプロという感じでした。

物語は最後の1秒でひっくり返るとかキャッチコピーにあったから、まぁ想像の範囲内ですが、まぁラストのあれは確かにひっくり返りましたが、あれは説明不足すぎる。一番最初から実は立場は逆で主人公を救うためにメインヒロインの方が頑張っていたのか?物語終盤で十年後の主人公が消えてしまうとこあたりで現実で似たような事がありヒロインが頑張ったのか?そこが曖昧すぎてどうもすっきりしなかった。ただメインヒロインにこの作品でよく使われた名台詞を言わせたかっただけなのか?」


物語に関しては、最初に主人公である直実が自分で すぐに物事を決められない、決断力がない性格を前面に押し出し、物語の途中でメインヒロインの瑠璃が消えた時に取り戻すため、死ぬかもしれない死地に自ら飛び込むなど、そういう主人公の成長シーンは全面的に押し出し見えるのだけど、メインヒロインの瑠璃に関してはバックボーンがかなり薄い。最初のスマホが使えなかったり古い本を大量に持ってる古い名家と思えば、自分の部屋などは意外に古臭くなく女の子らしかったりとか程度で家族関係やもうちょっと踏み込むシーンがない。これもまぁ主人公目線で彼女の事を何も知らないという演出と考えればいいかもしれないが、もう少し必要だったんじゃないかなと思う。
そして終盤で十年後の世界(仮)にいくが、ここからの逃走劇も結局ヒロイン置いてけぼりなんだよな。管理プログラムに追われる追われるで、振り回される感じ。結局最後まで主人公ズの二人が残りヒロインは早々に帰還でもうちょっとやりようがあったんじゃないかなと思う。十年後のナオミをある程度したら退場させて、高校生のナオミと瑠璃(体は十年後)の二人で逃走+瑠璃がここがデータの記録世界だと知るとか面白い展開は出来たはず。これなら 物語中盤の告白シーンでの瑠璃が言った二人でやっていくという言葉も意味を持ってくるし、名セリフの「やってやりましょう」を上手く使えたんじゃないかなと?
ラストバトルも主人公があれだけ本を読んでるのに想像力が貧弱だなと。ある程度具現化できるなら、いくら高校生でも戦いようはあったんじゃないかな?全然本好きとかの設定活かされてないよな?
物語はひっくり返るとか言ってるなら、途中で10年後(仮)の世界に行くときに逆に管理者プログラムのきつね面のやつらを味方にして大人のナオミのとこへ瑠璃を取り返しにいくとか、もうちょっと面白い展開を期待してたんだけどな。見ごたえはあるが所々残念な部分もあったなという感じでした。

小説版
ある程度映画で出来なかった心理描写はあるが、素直にいうと 作者にこういうのが書けないなら無理して書くなといいたい。
直美が10年後(仮)に飛ぶ当たりなんて 残りページ数が少ない終盤で、やっと物語がひっくり返ったと思ったとこでページ数は少ないは、バトル描写は普通のラノベに劣るわで映画の方がよかったです。一番最後のシーンも、全然説明ないし、映画や漫画の方がいいです。
スポンサーサイト
[PR]

tag : HELLOWORLD 映画

映画 ドラゴンボール超 ブロリー レビュー



先月に見に行ってたけど書く暇なかったので今書きます。とりあえず過去のブロリーとは比べない方がいいかもしれませんが、個人的には過去のブロリーの方が好きです。今回は人間らしいというか、別にブロリーでなくてもよくね?な感じでした。

過去編のベジータ王やバーダックが出てくるのは、これも昔のアニメオリジナルのやつとは違い、バーダックに奥さん?がいたりカカロットを地球に逃がしたりと、いいお父さんをしています。これはこれでありと言えばありで、最初に見てればこっちも好きになりましたが、やっぱり昔のアニメオリジナルの方が演出としては好きだ。

フリーザに関しては、ギャグキャラと化しており、レッドリボンの総帥と同じような願いっていうのも、鳥山原作のネタと言えばネタでいいですが、やっぱりフリーザは悪役でないと。でもフリーザを復活させて今後強くなる可能性を残したのは、鳥山明の意地というか編集サイドに対して、自分の意思を貫く感じがしました。当時はフリーザで終わらせる予定が編集サイドが無理やり引き伸ばしたとか色々噂が流れてますし、フリーザをやっぱり最強の敵である位置づけにしておきたいという考えで復活させたようにも個人的には思えました。

バトルは、神と神からの新作以降はなんか悟空達が余裕ありありのお遊び気分で戦ってる感じがしてZ時代の生死をかけた緊迫感がない気がします。映像自体に迫力はあるんですが、なんかこう・・・う~ん?って感じがします。ただブルーゴジータと赤髪ゴッドのベジータはかっこよかった。

そして一番の問題点がこれは円盤になったら直して欲しいですが、作画酷過ぎ。新人らしいですが、顔も所々崩れていましたし、悟空達の体の筋肉が全然描けてなく線もたりなくスカスカでZ時代のがっしりした体格でなく作画完成してなくね?な感じでした。

歌も途中の挿入歌?というかキャラ名をシャウトして叫んだりとか邪魔だし、EDテーマもまぁEDテーマならいいかという感じで、世間が評価する作品に一致するとか神曲とかいうほどでもなかったのが個人的な感想でした。

円盤化して作画が修正されるならもう一回みてもいいかな程度の内容でした。

tag : ドラゴンボール

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ感想



劇場版 ノゲノラ これは原作6巻の過去編ですね。あとがきで本当はゼロ巻として作者が出したかったと言っていた本編より6000年以上前の話です。原作から多少カットされてる部分もありますが、概ね同じで進みます。一番懸念していた作画での主線が赤とかで目に悪く疲れそうというイメージでしたが、過去編は作画が一新され、普通の黒の主線でシリアス路線です。カットされた部分があるとは言えそれを補うような声優さん達の演技。特にリクとシュヴィの最期はすごかったです。まさに涙腺崩壊です。
後は原作の短編集のプラクティカル・ウォーゲームの方を読んでおくとなおいいです。こちらでの話は映画でも出てきたシンクとニーナの関係と彼女もまた別の方法で戦争を終わらせようとしていたので、それを理解し映画を見ると最後のシーンとかにも感じる事があると思います。

けど原作未読者にはなんでテトといづながゲームをしているかわからないし、原作を読んでる者としては最期いづながテトに 今度は皆で勝ちにいくですとかいうシーンがカットされたのは残念でした。
そして作者もあとがきで言っていた「ジブリールを嫌いにならないでください」

原作を知っている前提の物語ですが、見る価値はあります。ぶっちゃけなのはより面白かったです。


tag : ノーゲーム・ノーライフ

君の名は レビュー



世間一般から見てかなり遅れてますが、先日観に行ってきたので感想でも。

見に行く前に男女入れ替わりの話というのは知っていたので、ある程度内容
予想して見に行きましたが、設定や話のパターンはそれほど目新しいものではないと言える。
比較的ありがちだなという意見は否定できないです。

あくまで個人的な感想としては、新海さんのは昔minoriのムービーで、くらいの知識でしたが
やっぱり綺麗でした。とくに空が。

ストーリーに関しては、テンポはよかったと思います。特にお互い入れ替わりの時の
日常のとこをスパッと切ってグダグダやらなかったとこはいい判断だと思います。
たいてい入れ替わりモノだとお互いの困惑のとこをグダグダやりそこに尺をとり
最後に事件という流れを、これだとアップテンポな挿入歌に合わせて、
お互いスマホの日記での擬似的なやりとりと会話で見てる人たちにも
面白く簡潔に伝わったと思います。

それが終わり少し進んでからの瀧君からの三葉に連絡をとろうとするシーンから
一気に動き始め、瀧君が三葉に会いに行き驚愕の事実を知る展開ですが、
まぁ入れ替わりのお約束として、同時間系列での入れ替わりでなかったというのは
お約束で、この作品もそれに則り、瀧君から見て3年前の三葉と入れ替わり
すでに三葉は死んでいるという流れだったが、、これを見てる人に気づかせにくいように
スマホという機械で上手く隠している(まぁ気がつく人は気がつくだろうけど)

これが三葉がガラケーだったらお互いの時間のズレに気がつくだろうが、お互いが
スマホを持っているということで、見てる側にお互いの時間のズレはない、
両方とも現代なんだと錯覚させる事ができている。まぁ三葉がガラケーでも
田舎だからで通るかもしれないが。そして三葉も都会に憧れていて
現代の知識を持っているというとこから、さらに見てる側にズレはなしと思わせる
演出をしてきている。それでも彗星とかまぁ?と思うとこはあるかもしれないが
初見ならさほど気にする人はいないのではないだろうか?
そして瀧君が糸守を探してやっと会えると期待させておいて
じつは彗星落下で壊滅してましたという、ある意味すごいオチ。

3年のズレがあったとしても、瀧君が夢のような感覚で戻ったら忘れてしまっても
これだけ凄い事件があった場所で何回も入れ替わり覚えてる間に
三葉の住んでる町名くらい調べてから会いにいけよと思うのだが。

その後は、ご都合主義だが三葉の中に入ってる時に行った御神体のあるとこで
過去に戻り、救うために四苦八苦するのだが、そこで二人が会うという
奇跡も、これまた序盤の「かたわれどき」という授業での内容が伏線となり
ましたが、この人の作品の空の綺麗さも相まっていい演出でした。

けどツッコミとしては、彗星落ちてくんだから早くしないととか。
三葉が駆けるシーンで急いでいても、彗星すでに割れてんじゃん。
今から父親説得して、住民避難して間に合うんか?的なツッコミはありましたが
まあそこは物語のお約束ということで。

その後、瀧君はなんでここにいたのか忘れてしまい、大人になっても
それでも名前も思い出せない三葉の事を引きずりながら
もやもや感で覚えてない風だが周りの人達
教えてあげなかったのかとか思う。いくら彼が信じられないことを言っていたとしても
せめて、「おまえはメル友?な彼女に会いに行ったけど実はその町は滅びて・・・」とか
教えてあげるべきじゃないのかな?と。これ周りの人間も記憶消えるの?と思いました。
夢のようなもので覚めたら忘れてしまうっていう設定で通すなら
もうちょっと個人的な話にまとめてもよかったんじゃないかなと思う。
まぁ少年時代の淡い思い出で大人になれば忘れていくって感じの
演出にしたかったのかもしれないですが、
最後の大人になってからの再会?で締めたかったもしれないのですが
この忘れてしまうっていうとこをもうちょっとひねりがあってもよかったかなと思います。

全体的には序盤の日常ルートをばっさり切ってメインにしぼり進行していったのは
よく最後まで飽きずにみれた感じでした。

小説の方は、これはあとがきでもこの作品は映画でこそふさわしいというような
事を言っているように、小説だと、やはり物足りない感は否めない。
ほぼダイジェストであり、目新しさもなく、所見なら面白いかも
しれないが映画を見たあとだと演出の足りなさを感じる。
やっぱりあの絵の綺麗さや音楽などがあってこそいい物語だと思えます。

クオリディア・コード DVD/BD 1巻



クオリディアBD1巻です。本編に関してはさほど目新しいとこはございませんが、
特典は意外に良かったです。書き下ろしの小説と1、2話台本です。
この台本(まぁ正確には少しちがいますが)
けどこれが本編を最終話・・または10話まで見てると面白い・・・というか
そこまで見てないなら見るなです。
台本というより決定稿シナリオなので本編と少し違ったり、カットされたシーンもセリフ付きで書かれている。
さらに原作者3人が作中のセリフなどについてコメントしてるので、
色々ネタバレがある。1話最初のアンノウンがなぜ形が違うとか日本軍とかいいう解説も出てきちゃったりと
伏線があったんだ~と思うようなとこなど、最終話まで見てると楽しめる場所が多々あります。

tag : クオリディア・コード

クオリディア・コード アニメレビュー(ネタバレあり)



いろんな作家さんが前日譚を書いて本編がアニメ化されたクオリディアコード
1クールしかないからノンストップ突っ走り状態で最後まで行きましたね。
閑話休題的なのが2話目だけ。あとラノベの前日譚が意外に重要なポイント占めてたり。
1話目はもう露骨にキャラ紹介の無双状態で2話は他のキャラの紹介。
3話からは東京 神奈川 千葉の順にメインが変わり、進んでいくが、いきなり4話でメインヒロイン張ってる?
カナリアが退場という衝撃展開。さらに神奈川陣営の二人もその後退場で残ったのは千葉組だけという展開。
地味だったけどだけど一番おいしいとこを持っていく千葉陣営(笑)
残念なのが2クールでなかったこと。
ネタバレの世界の真実。自分の陣営がまったく逆になる展開。
(これなら前日譚東京編の異常な人間の価値観も納得いくし)
まぁ途中のロングヘアのような新型アンノウンが出てきてそれが周りの敵(アンノウン)の能力強化。
さらに次に姫とほたるが消えた後に出てきた新型もポニテっぽいのやマントのような肩幅が広い形などで
なんとなくネタバレにはたどり着きますがね。
まぁ設定は王道と言えば王道だが、そこからの物語の深みが足りない。
アンノウン側も絶対悪というわけでないような展開だからこそ、そちらの掘り下げもしてほしかった。
10話までネタバレしないならいっそ1クール偽世界編(正確にはアンノウン陣営)をやり
2クール目から世界真実編をやればよかったんじゃないかな?
1期は最終話に朱雀とカナリアが再会して、真の人間側の陣営へようこそ!とかで
終わればよくなかった?(まぁこれやると1期目の円盤の売上かなりやばいだろうけど
・・主にカナリアが序盤退場のせいで)
2クール目は人間側だとしても、これアンノウン=問答無用の敵な感じでしたし、
さらに踏み込んで朱雀達主席組が第3勢力になる展開もよかったんじゃないか?
最終話も青生が裏切るが、物語的には姫を裏切らせたほうが盛り上がりそうだけど、
姫は少しアホで子供っぽいが、芯が通ってるから、戦う事に迷いはしても裏切るって
真似はしないと思う、だけど真実を知って裏切るキャラが居たほうが盛り上がるからという
ことでそこに青生に白羽の矢がたったというわけですかね。
やっぱこれも2クールあっての演出でやってほしかった。
敵と共に去り次に会うときは性格 服装や髪型 目つきまで違うキャラとして
立ちふさがる。これもまさに王道ですし。
とりあえず主人公は朱雀でなく舞姫だと思う。
姫と王子両方の役をになってたし(笑)
とりあえず大きいプロジェクトだったんだから、もうちょっとやってもよかったんじゃないかなとは
思う。二期は無理でも映画化くらいして欲しかったな

tag : クオリディア・コード

劇場版ガールズ&パンツァー BD ゲーマーズ特典タペストリー



ガルパン劇場版のゲーマーズ特典タペストリーです。
予約開始の絵柄が発表される前に
絵柄登場キャラにほぼメインキャラ載ってたから予約したけど、
個人的には少し微妙。
もち本編はGJ!!!!!な出来ですけどね!
2016053115414615e.jpg

201605311542252d6.jpg 20160531154237a37.jpg

tag : ガールズ&パンツァー ガルパン

ドラゴンボールZ DRAMATIC SHOWCASE~1st season~vol.2 孫悟空



先月でた悟飯と組み合わせてのセル戦での親子かめはめ波のシーン
これは悟空単体だと微妙な出来です。
2016050200462103c.jpg
ですが先月発売した悟飯とあわせるとかっこいいです。そして今回の台座が前回の悟飯が
セットできるようになっているというにくい演出です。
肌が少し褐色なのと親子で目線のずれが違和感ありますが、それでもやっぱりかっこいいです。
20160502010629e0f.jpg
20160502004702e3a.jpg 20160502004723c96.jpg



tag : フィギュア ドラゴンボール

ガラスの花と壊す世界 レビュー

 


ポニーキャニオン×A-1 Picturesが贈るオリジナルアニメプロジェクト!
知識の箱という地球のあらゆる時代の世界を再現した仮想空間を舞台に
その世界を守るプログラムソフト デュアルとドロシー二人の少女が謎の少女リモと会うとこから始まります。

本編が1時間ちょっとと短めで矢継ぎ早に展開していきますので、初見・・というより前提でどういう世界設定なのかを
理解してないと、序盤からおいてけぼりだと思います。
序盤から見て以外だったのが、デュアルとドロシーが設定的に役割が逆だったのが少し驚きました。
設定に嘘はないですが、プログラム世界を守り、それ以外に疑問は持つ必要はなく、
人もただプログラムと割り切って行動するのが、ドロシーで序盤の仮想世界を削除して、
それに対して思うところがありリモを見つけた後も世話をやくのがデュエルという、
普通に考えたら、ドロシーが行動を起こしデュアルが冷静にそれを諌める役割っぽいですが、
全くの逆でしたね。
リモの行動が二人に心を与えて行くのですが、尺が短いのか、最初 二人の行動に反発していた
ドロシーが仮想世界の色々なとこを回るとこをダイジェストで流し、段々旅を楽しみ3人でいる生活を
楽しむようになっていきますが、そこがダイジェストで流れてますので
そのあとの仮想空間でのドロシーの家族(データ上)から誕生日を祝ってもらうという行為と
それに対してウィルス汚染されてるから消すしかなかったという葛藤で彼女にも
プログラム以外の感情が生まれたとわかりますが、やっぱり彼女がリモと関わり、感情を持つエピソードを
その前に一つ盛り込むべきでしたね。
デュアルの方も序盤でスミレの前に
問答無用で除去する話をいれスミレの世界でデュアルの感情を動かす話を
ここで入れてあの世界だけ躊躇する展開をいれてから本筋に入ってもよかったかなと。
まぁ中盤で、デュアルはスミレから聞かされた彼女の夢を知り、自分のしてしまったことに苦悩しますが。

あとがVSウィルスも短調で迫力不足ですね。まぁバトルを主軸においてないので
そこまでこだわってないみたいですが。

ラストは序盤でデュアルが消去した世界の人物スミレが深く関わってきますが、
ここはリモに関してもなるほど そうつながるのかとわかりますが
かなり矢継ぎ早で展開していき、細かく伏線は飛ばしてありますが、
もうちょっと確実な伏線は欲しかった。
まぁリモの正体も最後の展開やラストもある意味定番かなとは思います。
けど、最後のシーンでドロシーがデュアルとする会話で
彼女が『夢」を語るシーンは好きです。
最初は私達はプログラムで 夢とかはないと言っていた彼女がリモと触れたったことにより
変わり成長した証が見られましたね。


世界を一つのコンピュータの中で人もすべてただのプログラムで、
デュアルがスミレの世界で語ったように、中の人にとっては世界は過去から続いてるものだけど
外側の世界(デュアルやドロシー)から見たら この世界は今生まれたばかりで
過去の記憶もただプログラムとして与えれたもの 過去なんてないという
かなり哲学的な話ですね。自分のいる世界がプログラムでないと中の人にだれがわかる。
過去が本当にあったものだと誰が証明できる。考えようによっては怖い話です。
まぁこういう話は昔からよく使われる題材ですし、あのシリーズを爆死させてしまった
スターオーシャン3も主人公達は外の世界の人が作ったゲームの世界という事でしたからね。


ちなみに劇場物販で本編収録のBDが売られてました。いやマジで。
海賊版じゃないですよ。


tag : ガラスの花と壊す世界

ドラゴンボールZ 復活の「F」




BDで発売です。この作品が発表された時は、すごい歓喜しました。
そりゃあリアルタイムでDBを漫画 アニメを
見てた世代ですので。フリーザ様復活と聞けば それはもう嬉しすぎでしょう!
そして劇場に見に行くと、最初の露骨な3Dを意識したとこや フリーザ復活までが長すぎるとこを
待ち、そしてとうとう本編にあのフリーザ様復活!!まさにキタァーーって叫びたいくらい嬉しいシーンですよ!
けどそれ以降が話が進むほどつまらなくなっていく。
まずフリーザが地球に来るのはいい。そして戦士たちが迎え撃つのも天津飯や亀仙人とか、さらにゲストで
ジャコがいるものまぁいいです。ただここで悟天 トランクスはいない。さらにブゥも参加しない。
飛車 角落ちの戦いかよと思いました。一応強い悟飯を一撃で倒すという強さを見せましたが、
悟飯も修行してなくかろうじてスーパーサイヤ人になれる程度というから残念です。
しかも悟空がやっと来たと思ったら悟空もいきなりSSGSS(スーパーサイヤ人ゴッドスーパーサイヤ人)とか
青髪に変身だけど、その強さの基準がわからない。さらに虚を疲れたとは言え、雑魚戦闘員のビーム銃が
胸にあたり変身が解けてしまうとかどれだけ防御力ないんだよと。あのビーム銃はフリーザの攻撃より
強いんかい!とツッコミ!そしてそこから優越感に浸るフリーザ様いじめ発動、やっと悟空に勝ったと思ったら、
同じくSSGSSに変身できるベジータが相手。いじめだよこれ!
ボスにアイテム MP全部使い切りのこりHP一桁を残して勝ったと思ったら、そのボスと同等か
それ以上の相手が現れての連戦!それ心折れるよマジで!
まぁけどここでDBの中では元祖と言われるフリーザ様の惑星破壊を見せてくれましたが、
ビルスが時間をもどしなんなく不意打ちでフリーザを倒し終わり。これはないわ。

今回の作品にファンが望んでいたことって、鳥山作品のギャグありとかそういうテイストではなく
当時のZ映画の敵襲来 仲間達が倒れ悟空も手も足も出ないくらいの超ピンチ。だけど
最後に元気玉とか覚醒したりでやっと勝てる。それが期待していたことだと思う。
そして個人的にはゴッドよりスーパーサイヤ人4の方が好きだ。
ただの青髪に変身よりあの変化はカッコいいですからね。本当に強いって感じがします。

tag : ドラゴンボール 復活のF

フリーエリア

クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ! 600x150tohka.jpg 【クロノクロック】応援バナー シストリ抱き枕注文受付中! 「ALIA's CARNIVAL! フラワリングスカイ」情報ページ公開中! 【ハピメア】応援バナー 『ピュアガール』2012.9.28発売予定 借金姉妹2応援バナー 2012.6.29発売のLime vert新作『かのいな』を応援しています! 【未来ノスタルジア】応援バナー

FC2カウンター
プロフィール

A-S エース

Author:A-S エース
Twitter
http://twitter.com/AI_NS


現在の閲覧者数:


とらのあなで委託販売してます
いくつかは委託販売しております。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/33/41/040030334186.html
同人をDL販売しています。
下記のサムネをクリックしてください


N海ちゃん学園調教記
N海ちゃん水着凌辱編(短編)
N海ちゃん人体実験記~SS~
ロリ巨乳J○ちゃんの悲劇5日目~その1~
盟約の代価1.5
N海ちゃん人体実験記
ロリ巨乳J○ちゃんの悲劇~4日目~
盟約の代価~番外編2~
ロリ巨乳J○ちゃんの悲劇1(漫画編)
ロリ巨乳J○ちゃんの悲劇~3日目~
盟約デート
ロリ巨乳J○ちゃんの悲劇1日目~2日目Nちゃん雌豚日記
ANOTHER BAD2

盟約の代価4盟約の代価~番外編~
ANOTHER BAD狂想曲7
不運少女~アンラッキーガール~

盟約の代価3

確定BADEND

盟約の代価2

盟約の代価

絶望歌

百合姉妹だいあり~2

百合姉妹だいあり~

狂想曲6









































作品は随時追加予定です。

戯ィ牙


★『9-nine-ここのつここのかここのいろ』
★『新妻LOVELY×CATION』

★『LAMUNATION!』
★『フローラル・フローラブ』
【サクラノ詩】応援中!
『ゆきこいめると』2015.3.27発売予定恋がさくころ桜どき



Chu×Chuアイドる特設ページ公開中!


★『鬼父 Rebuild Vol.3「小生意気な萌顔ほぃほぃ」』

★『虜ノ鎖 ~処女たちを穢す淫らな楔~』
★『蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1 PREMIUM EDITION』

















★『喰ヒ人 ツンデレストッキング・琴音~乱れ尻ハメ乗り2穴~』














FC2 Blog Ranking




登録

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
82位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
フリーエリア

神乳×降臨☆ぷるるんヴァルキリーズ 彼女の妹はjkちゃん

カテゴリー
リンク