FC2ブログ

快楽をむさぼるだけの行為


同人サークル「こりすや」の発行した同人誌で巨乳の女の子の話だけを収録し商業コミックで発行したものです。
主にロリッ子がメインの作品のなかで巨乳の子の話は珍しいです。8作収録されてますがほとんど陵辱系です。
以下のタイトルになります。

7月、軽井沢寮で
神坂と俺
秋葉原同人陵辱書店
避暑地の処女
陵辱系マッサージGOKURAKU
Fall for Me
満員電車JK5分間触り放題
Giri in Blue

この人の話は陵辱系で犯された後でも女の子達に悲壮感がなく、犬にかまれた程度とかその程度に
思ってるのが多いですが、この収録されてる作品の陵辱系は犯され終わったとも絶望が続く悲壮感ある作品がほとんどです。
まぁやはり陵辱系はこうでないと。
こりすやさんの作品が好きなら同人誌の方を持っていても買って損はないと思います。
コミック内に書き下ろしストーリーはないですが、店舗特典で二つの話のその後の話のやつが書き下ろしで付いてきます。
一つは7月、軽井沢寮で
こちらは誤解がとけてラブラブエッチな話です
もう一つは 満員電車JK5分間触り放題
こちらは弱みを握られ毎日麻電車で犯されるようになってしまった話です
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

tag : 18禁 こりす こりすや

おやすみせっくす 僕のために眠る妹 (美少女文庫) レビュー



三上ミカさんの同人サークル「アクアドロップ」から出ていた作品 おやすみせっくすのラノベ化。
結論だけ言うなら、同人の方を持ってるなら読む必要はない感じです。
新規の方は睡眠姦を期待してならオススメはしません。
実際寝てませんし、兄の「章」に抱かれたいから、起きてるってバレたら
自分を抱いてくれなくなる。だから
寝てる振りをしてるという内容だからです。
本編は同人とほぼ変わらず
わずかに兄妹の過去が公開されたり妹の唯の友達がちょびっと出てきたり、
最期の唯が寝ていないってわかったあとに唯が
プチ家出をしてしまう感じなとこが少し違いますがさほど大差なく同じです。
売りである睡眠姦だが、やっぱりこの作品は漫画でないと微妙です。
三上ミカさんの描くトロ顔やフキダシ、目のハートなど漫画だからこそできる演出で
あの可愛くエッチな感じが出てるので、文章で行為中に同じセリフを言っても
う~ん?て感じです。
ラノベが初めてで同人の方を読んだことない人は同人の方をオススメします。
ちょうど今総集編を出したとこでこのラノベに収録されてる話が全て載っています。


もし第二弾がでるなら、今回収録されてない 「おはよう」と「おでかけ」をやって欲しい。
ラノベならこっちの方が面白いと思う。
おはようは唯に生理が来てしまいセックスを控える兄「章」に対して今度は唯が寝てる章に
起きないでと思いながらセックスする話で
おでかけは一緒に出かけてラブホでいちゃいちゃです。
こっちの方がラノベには合ってると思う。

tag : おやすみせっくす 三上ミカ

ありふれた職業で世界最強 5(ノベル版)



原作5巻です。今回は進みがかなりはやく火山と海底神殿と二つの大迷宮をこの1冊で
攻略してしまいます。
前巻から新メンバーでクラスメイトの香織が加わり賑やかな旅になってきました。
今巻は彼女がメインです。
意外なことに彼女はユエだけでなくシアやティオも呼び捨てで呼んでおります。
最初はオアシスが汚染された国の救出。
そこで相対する存在
ーそして少年は最強の敵と出会う。
のキャッチコピー通り大迷宮の攻略者である魔人族と出会い、
2巻以降初めてピンチに陥るハジメ。
などが描かれます。

後半はミュウの故郷エリセンでの海底神殿。
こちらは香織初参戦の大迷宮。
勇者達の仲間であった頃とはレベルが違いすぎるダンジョンと
圧倒的な力でそれらを乗り越えていくハジメやユエ達にたいするコンプレックスなど
さまざまな苦悩が彼女を襲います。
それをどう乗り越えハジメたちと共に新たに進む決意をするのか
そこが後半のお話です。

今回は香織メインなので、回復や治療が役にたつ話です。
最初の国では香織の能力だからこそ国民を助けることができ
暴力だけでは国を救えませんでした。
そして魔人族襲撃、これは2巻以降初めてハジメが
瀕死に追い込まれるわけですが、
あくまで虚を突かれたがゆえであり、突かれなければ
ハジメ達の方が圧倒的に強いというのは本編でもわかりますね。
襲った方も最初の襲撃がせいこうしなければ敗れていたのは自分だと
言っておりますし本気を出し竜化したティオに追い込まれるレベルです。
あらためてこの仲間達が化物級だというのがわかります。
後半は海底神殿。こちらも香織メインの今回は
仲間分断 ハジメ香織ペアで攻略していきます。
強力モンスターとかでなく精神的に追い込んでいくトラップなので
この二人でも攻略出来て、再開後の二人だけのやりとりは
初であり1巻とちがいおとなしい頃のハジメではないので
1巻のころのやりとりと比べても面白いかと思います。

攻略後のエリセンでのミュウとの別れ。
ここは今巻一番の見所かなと個人的には思います。
精神的に成長したミュウと
最初はパパと呼ばれることに難色を示していたハジメが
そんな彼女をみてミュウを自分の娘として認めた。
そんなシーンに思えました。

とまぁ今回はそんな香織メインで彼女弱くねぇ?と思われがちですが
彼女の凄さを描写してるシーンは多々あります
作者は彼女はチート級と言っていて、
普通に詠唱したら時間のかかる魔法も半分以下の時間や詠唱で済ませたり
何人もの術者があつまり時間をかけて詠唱する魔法を
たった一人で少しの詠唱ですましてしまうあたり、
やっぱり普通ではないのです。
彼女はチート級。ハジメやユエ達は化物級と分けています。

書き下ろしの番外編
これはユエが落とした手帳に書かれた
いままでハジメとの出会いから香織が仲間になるまでの
事が彼女の目線で書かれた日記をシアとティオが見てしまうと
いうものです。
寡黙な彼女がハジメとの出会いから他の仲間達との出会いを
どう感じていたのか、本編では描かれない描写は必見です。

tag : ありふれた職業で世界最強

ありふれた職業で世界最強 1 (コミック版)



ありふれたのコミック版1巻です。
絵柄は原作挿絵より少年漫画の度合いが増した迫力ある絵になっていて
読んでいて、さほどイメージの違いなどはありませんでした。
ただ原作同様1巻だけだとつまらない・・というか原作知らないと、え?って感じです。
なぜかって?メインヒロイン1巻に登場せず!です。
表紙にいるユエが出てこないからです。
・・まぁ正確にはラスト数ページには出ます。ハジメがユエが封印された部屋を開けて終わりです。
これなら1、2巻同時に出せよって感じです。

漫画版は最初のハジメが変わるとこまでをかなりシンプルにサクサク早く進みます。
そこは原作小説よりいいです。
ですが、奈落の底で「僕」から「俺」に変わるハジメの描写は薄いですし
魔物を食しステータスや能力が数字で上がっていく様が流し程度で書かれていて
残念です。
最初の主人公パワーアップシーン・・というかステータスという数字が
序盤の勇者の数値をあっけなく超えていくのは一つの見せ場ですし、
小説だとそれぞれの数値や能力がしっかり明記されるので、
序盤の勇者達のステータスが人間たちのあいだでは凄いと
言われるレベルを見比べて、どれだけ化物になってるんだよというのが
わかりやすいですが、漫画だと書き文字程度で数値が表示されるだけで、
その差異がわかりにくいです。

話が序盤すぎる上に表紙に描かれたメインヒロインも出てこないとなるので
原作を知らなければつまらない内容だと思います

tag : ありふれた職業で世界最強

千年戦争アイギス 白の帝国編



ゲーム本編ではイベントなどで絡んでくる白の帝国編のラノベです。
オリジナルの展開でイザベルが国を滅ぼされ敗走中にレオナの指揮する兵団に助けられ
白の帝国に身をよせるところからはじまります。
登場キャラもエリアスまで登場と最近のイベントキャラも使っております。
主に登場は皇帝 レオナ エリアス シャルム(ノベルオリジナルDLC付き)です。
ほかリーゼロッテなども出ますがほぼ出番はないです。

ゲームだと軍隊国家で怖い印象を受けやすい白の帝国ですが、
本編主人公 皇帝の内面が描かれ、側近のレオナやエリアスなども
意外な一面が見れます。
皇帝は少し目つきが悪くコミュ障なだけで、強者が国をまとめるという考えを持っているが、
妹思いだったり、作戦とはいえ、遠征中に自ら料理を作ったりと親しみが持てる一面がある。

そして女子のレオナとエリアスもレオナよりエリアスの方が意外にも
兵たちは機械的な考えや、遠征先の村などが軍に色々差し出しすのは
当たり前という冷徹な一面が見えます。
ですがこの二人の意外な一面で
さらにレーゼルが普通に料理が出来、自分たちの料理すらできない
猟兵のレーゼルにすらかなわない女子力の低さにガクッとするところとか
いろいろお茶目で可愛い面が見えます。

最初はイザベルがヒロインかなと思いましたが、
これは新登場のシャルムも・・ですが
メインヒロインはレオナではと・・・。
あえて言うならレオナ エリアスファンなら買うべきです。
自分はエリアスファンなので買いました。
イザベルは本誌では最初の敗走だけで戦いません。
ラストに王子軍との戦いに赴くゲーム本編へのイベントに続きます。



tag : 千年戦争アイギス

おしおきエクスキュート 1巻



三色網戸先生の新作のコミック発売。今回はダークではないという前知識だけありましたが、
ほのぼのではないですね。
いじめられっ子の主人公が煉獄から来たロリッ女 
ベアトリーチェによって執行人(エクスキューター)とない
毒(ヴェノム)に犯され悪イ子になってしまった女の子達をお仕置きしていくという
話だけど、本来女の子達は普通なんだけど毒に犯され欲望が肥大して悪くなってしまい
このままだと大きい罪を犯してしまうから、その前にお仕置きして毒を取り払うという
お話。

1巻の収録は主人公の同級生の主人公をいじめる女子。
彼女にいじめられてるとこにベアトリーチェが現れて
執行人になり、彼女の抱える闇を取り払うために
主人公がお仕置き。
20161106224138390.jpg
二つ目は主人公がファンのアイドル。
表向きは健気で可愛いが裏では
ファンは金づるにしか見てない悪人ぶり。
その彼女をステージでファンの見てる前でお仕置き開始。
20161106224119794.jpg

話は作者も前作見たくダークでないと言っているとおり
おしおきして彼女達の悩みを解決とか毒によって
歪んでしまった考えを本来持っていた心を取り戻すとか
なので、一応この二人に関してはハッピーENDになっている。

けどお仕置きは18禁寸前きわどいラインを攻めてますし、
女の子達のダークな部分。顔芸も全開です。
まだ序盤でプロローグな感じだが、
この人の作品が好きなら買っても損はないです。

tag : おしおきエクスキュート

ニセコイ 25巻(最終巻)



最終巻です。
楽達が天駒高原に行く218話から最終話までの12話が収録されています。
この結末には賛否両論ありますが、話のコンセプトが偽物の恋が本物の恋にという
ことに趣をおいたなら、千棘が選ばれるのはしょうがないと言えます。

まぁ小野寺ちゃんの敗因としては後手後手に回ってしまい、
最後まで千棘に楽が好きだということを言わないで隠してしまった事でしょう。
もう少し早めに動けば、別の結末もあったかもしれません。
しかしそれをやってしまったら話が終わってしまうので
出来ませんが。

本編の千棘の待つとこへ向かう楽や落ち込む千棘に叱咤する万里花
彼女は本当にいい女です。
ですが物語の上で一度退場して、みんなのとこを離れたのに
再度訪れて、双方に助言をするのは、少し残念でした。
楽に全て知っている事をせめて万里花編ラストでこっそり明かし、
千棘への叱咤は電話などにして直接会うのはなしにしたほうが
綺麗な気がしました。

最後は駆け足気味にすすんでしまい告白し終えた後の千棘と小野寺ちゃんとの
やりとりが簡単に済んでしまったのは残念でした。
別の見方をすれば言葉にしなくても伝わる想いとも取れますが、
ここはやはりもっと言葉を交わして欲しかったです。
あれだけひっぱってこれだけ?と感じてしまいました。
小野寺ちゃんに関しては以降の学園生活エピローグでの
勉強してる楽に声をかけるのをやめてしまうなど
いままでと違う関係になり少しかわいそうな気もしました。

最終話は数年後の話ですが、これもまた賛否両論なとこでは
ないでしょうか?とりあえず楽の二代目を接いだのはいいですが、
あくまで個人的にいうなら万里花が別の婿候補を探すのは
残念でした。新しい恋を見つけて幸せに・・・・
それも一つの結末としてはいいかもしれましれませんが、
やはりヒロインズには最後まで主人公である楽を好きでいて欲しかったと
いうのが個人的見解です。
※コミック書下ろしのさらに十数年後の話も個人的には知りたくなかったですね。



さてこれにてニセコイは完結で私はジャンプで読みきり時から読んできましたが
(もちろん前作も読んでます) 25巻続きジャンプでは珍しく
長く続いたラブコメでしたが
個人的にも物語がしつこいとは感じませんでした。
まず絵に好感持てるのは当然なのですが、ジャンプでの某いちごみたく
ハーレム状態にヒロインと一線越える寸前・・の繰り返しでグダグダ作品でなく
普通の学生生活の話・・楽やヒロイン達を交えながらも露骨に意識しない
ギャルゲーでいう皆でわいわい楽しく騒ぐ共通ルートのような話をいくつもやり
ヒロイン同士でぎすぎすしない青春物語をいう面を描いたのが
個人的に好感をもてました。ストーリーを進めよう進めようとすると
やはり重くなったり誰かが傷ついたりもしますが、共通ルートみたく
皆で楽しくというのは見ていて和みますし登場キャラの色々な
面が見られるのは楽しく、そこが長期連載になれた長所だと思います。
最後は賛否両論あるでしょうが、私自身このニセコイという作品を
最後まで楽しく読ませていただきました。


ちなみに自分は
春ちゃん派です。

tag : ニセコイ

ゴブリンスレイヤー コミック版1巻 レビュー



内容紹介

冒険者になったばかりの女神官は、初めての冒険で、弱小モンスター・ゴブリンの思わぬ脅威にさらされる。
そこに現れたのは、「ゴブリンスレイヤー」と呼ばれる、
粗末な鎧を身にまとった男だった。男は、無慈悲なまでに淡々とゴブリンを狩り始めていく…。
ゴブリン退治に取り憑かれた男と、彼を取り巻く少女たちの活躍を描くWEB発大人気ダークファンタジーを、
衝撃的なハイクオリティでコミカライズ!! 
原作者・蝸牛くもによる書き下ろしSSも収録!!
(公式より)

ノベル ゴブリンスレイヤーのコミック化。
まず原作を知らない人に注意・・・暴力的表現や性的表現あり。
キャラ名がネットなどで書かれている小説のように職業名で呼ばれています。
(剣士さん、魔法使いさんなど)

収録はラノベ1巻の前半部分です。
女神官がゴブリンスレイヤーと会う所と、次の依頼までです。
最初の女神官が他の新人冒険者達(男剣士、女武道家、女魔法使い)と
組みゴブリン退治に向かうとこは原作と
少し違い、コミック版でのわかりやすい演出になっております。
巣に潜って奇襲を受けるのは、原作の横穴を掘って奇襲されたでなく、目立つポールを立て、
視線誘導で分かれ道だと気づかずに進み後ろから奇襲となり、
神官、魔法使いの二人がやられ、やっと奇襲に気がついた剣士と武道家が戦うとこは、
原作だと彼は騎士に憧れて、女の子を守る的な感じのその場の高揚感のようなものに呑まれ
粋がるもナイフをさされ焦り剣が壁に引っかかった所を襲われ絶命となるが、
漫画版だと、回想で子供の頃に冒険者から話を聞いていて、その冒険者達がトラップにはまった仲間も
助けるためにモンスターの巣に自ら飛び込み、助けるつもりが助けられなど、お互い協力しあったからこそ
生きて冒険ができている・・ような事を語っているが、この剣士は怒りで冷静さをかき
剣を振り回し、武道家が援護に入れないと文句をいうが、俺ひとりで・・・と挑み
原作同様ナイフでさされ焦ったとこをタコ殴りで死亡。
女武道家はこれは原作同様で神官と魔法使いを逃がすために戦うが巨大ゴブリンにつかまり
集団で犯されてしまう。
逃げる二人の後ろから聞こえる響き渡る武道家の悲鳴。このコミック版だからできる書き文字での
悲鳴の演出と謝りながら逃げることしかできない女神官の演出はいいです。
そして追いつかれた二人で絶対絶命。ここはノベルいではなかった、魔法使いが犯されてしまうシーンが
あります。(この子このパーティーで一番不遇でしょ)
女神官も餌食になるかというとこで主役のゴブリンスレイヤー登場。
以降のゴブリン退治に於いては原作とほぼ変わらないですが、
絵になったことでどういう戦いをしていたかというのがわかりやすくなり、
その入念さが新人との違いを明確に表しています。
そしてゴブリン殲滅で捕まった女性達も助け出せたが、傷跡は深く、
完全なハッピーENDではない。
ここで最初の冒険はおわり、原作通りゴブスレの方に視点は移り彼の幼なじみの家にいることや
境遇などが見えますが、ほぼ原作通りですがこちらも絵になったことでシンプルに
わかりやすくなってます。
そして2戦目。こちらは原作の退治にむかった女冒険者達が全員ゴブリンの慰みものになり
殺されるのは数ページにカットされゴブスレさんと女神官のゴブリン退治も比較的シンプルながら
残酷な戦い方で巣を火でいぶし入口を女神官の軌跡で逆バリア状態で閉じ込め焼殺、
残党退治となり・・これが完了でここまでが1巻ですが、ラノベだと1巻のこれから中盤・・後半へ
突入なのでまだまだです。
個人的に原作よりよかったのが最初の新人達とゴブスレの対比が上手くできてる感じです。
新人達は最初の依頼を受けるとこや巣に潜る時も、女神官の懸念に耳を貸さず
遠足気分で挑み、剣士と武道家は大丈夫、大丈夫な感覚で、回復アイテムも金がないし
だから君(女神官)を誘ったんだし、だけど万が一にもないから余裕余裕、
女武道家はこいつが討ちもらしても私の武術で倒してあげるからの楽観視。
そして作戦もお粗末に、前から来る敵を倒すだけ・・
魔法使いもクールをきどりながらいざ奇襲をされると2回しか使えない攻撃魔法の
1回を使ってしまう浅はかさ。
これらの未熟さが以降のゴブリンスレイヤーのベテランの戦い方と対になり
プロとアマとの差がはっきりわかる演出になっています。
逆にノベルの文章でわかる女神官視点でのゴブリンを甘く見すぎてる・・
なぜ・・こんな簡単な事にも気がつけなかったのかという後悔の描写が
漫画版だとわかりにくいですね。魔法使いをつれて逃げてるとこで
受付嬢さんの曇った表情やこのパーティの楽観さが思い出されてますが、
やっぱり文章でないと少し伝わりにくいかな。
まぁゴブリンでも油断禁物というのはわかりますが。
おまけの感想で女武道家がかなり優遇されてる(笑)
原作だと巣に連れ込まれたあとは女神官の語りだけで登場はないが、
漫画だと巣に入ったとこで、全裸でボロボロになったとこを女神官に保護されたり、
騒動が終わった後の、結末で結局故郷で引きこもったというとこでも、
一緒に捕まってた女達と共に馬車の荷台でゆられ、生気のない顔で座っているという
カットまで加えられている。逆に不遇が魔法使い。原作でも自分の誇りである杖を折られ
毒ナイフでさされ治療不可でゴブスレさんに殺してもらいますが、さらに漫画版だと
ラノベでは描写がなかった(WEB版はわかりませんが)服を剥かれ半裸で犯されるという
描写まで追加されています。
2巻はどこまで行くんでしょうか、次からは仲間が増えてきますが、
1巻らすとロード戦まで行くんでしょうか?
絵柄も描写もいいですし、楽しみです。

tag : ゴブリンスレイヤー

いつでもハメたくなる関係! 〜綾音&優菜〜 学校で性春!



学校で性春のノベル化です。正確にはピンポイントからでたJKペットの方のノベル化ですが。
ゲームの方がベースなので「おほ~」とかいいまくりですし、同人原作を知ってると
やはり性格が違うので違和感はあります。小説オリジナルなシーンもありますが、
最後はゲームとほぼ変わらず肉便器化で日常は普通に過ごして放課後は男達の慰み者ENDです。
喘ぎ声(叫び声)が声がなく文字なぶん、こちらの方が実用度は高いかもしれません。
実際ゲームだとただ叫んでるだけで、喘いでる感じしませんし。
同人やゲームを知らなくても楽しめると思いますが、ゲームがベースなのでシーンも少なく、
やはり同人原作にはかなわないかなと思います。

tag : 18禁 学校で性春 JKペット

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!<だからお兄ちゃんと呼ぶなって! (ファミ通文庫)



(ストーリー)
目を覚ますとそこには息を呑むような美少女。そして彼女は、「お兄ちゃーんっ!」と俺に抱きついてきた! 誰なんだこの子? いや俺は――。どうやら俺こと蓮杖アキは、事故によって記憶を失ってしまい、萌々と名乗るこの少女は俺の妹なのだそうだ。しかし、記憶を取り戻させるためと俺を襲うのは、過剰なまでの妹の愛! しかも記憶を失くす前の俺は、萌々よりヤバい兄だったようで!? 思い出すのが恐ろしい、記憶と絆を辿るドメスティックラブコメ!



面白いかなと読んでみたが、一巻だけだとすっきりしない。
記憶を無くす前の主人公がクラスから浮いている奇人変人だったり、
主人公を看た医者も事故に関してや主人公の行動や両親や幼なじみに
関してもなにかありそうな伏線をまきながらも放り投げたまま進み
なにも解決しないで次巻へと進み、さらに最後は妹の事は信用するなとかいう
謎の文章が見つかり続くなど興味を惹かせる点はいいが、なにも明かされず
体験版レベルで終わってるのでこれだけ単巻だと読後感がすっきりしない感じ。

フリーエリア

クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ! 600x150tohka.jpg 【クロノクロック】応援バナー シストリ抱き枕注文受付中! 「ALIA's CARNIVAL! フラワリングスカイ」情報ページ公開中! 【ハピメア】応援バナー 『ピュアガール』2012.9.28発売予定 借金姉妹2応援バナー 2012.6.29発売のLime vert新作『かのいな』を応援しています! 【未来ノスタルジア】応援バナー

FC2カウンター
プロフィール

A-S エース

Author:A-S エース
Twitter
http://twitter.com/AI_NS


現在の閲覧者数:


とらのあなで委託販売してます
いくつかは委託販売しております。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/33/41/040030334186.html
同人をDL販売しています。
下記のイラストをクリックしてください

盟約の代価4盟約の代価~番外編~
ANOTHER BAD狂想曲7
不運少女~アンラッキーガール~

盟約の代価3

確定BADEND

盟約の代価2

盟約の代価

絶望歌

百合姉妹だいあり~2

百合姉妹だいあり~

狂想曲6











































作品は随時追加予定です。

★『LAMUNATION!』
★『フローラル・フローラブ』
【ここから夏のイノセンス!】情報ページ公開中!
【サクラノ詩】応援中!
『ゆきこいめると』2015.3.27発売予定恋がさくころ桜どき



Chu×Chuアイドる特設ページ公開中!


★『鬼父 Rebuild Vol.3「小生意気な萌顔ほぃほぃ」』




★『虜ノ鎖 ~処女たちを穢す淫らな楔~』

















★『喰ヒ人 ツンデレストッキング・琴音~乱れ尻ハメ乗り2穴~』














FC2 Blog Ranking




登録

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
71位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
フリーエリア

ヒロイン絶滅計画

カテゴリー
リンク